1990年慶應義塾大学経済学部卒業、同年株式会社リクルートにて企業の販促支援事業の企画・営業や広告営業、コンテンツプロデュース事業に従事する。

その後ソフトバンク株式会社に入社。同社では主に携帯電話の動画エンターテイメントコンテンツサービスの統括プロデューサーを務める。
映画劇場公開とインターネット配信を同時に行った当時としては画期的な気企画作品「アインシュタインガール」https://eiga.com/movie/41328/
の企画を務める。またソフトバンク社内の社内教育研修の認定講師を務める。

より人を「咲き輝かせる」ことを信念に合同会社ヒューブルームを設立。

その後、日本最大手のハイグレード人材紹介会社の採用代行を務める。
現在は、人材紹介業に加えて、厚生労働省管轄からの受託事業である雇用管理改善支援事業の講師として、採用・人材定着・働き方改革・人事評価制度・補助金/助成金などについて全国の中小企業へのアドバイザー事業も全うしている。